シクラメン(サクラソウ科)
 地中海周辺が原産地で、多数の品種が各国で栽培されています。わが国では明治時代後期に栽培が一般化しました。
 ヨーロッパでは球茎を下剤として用いましたが、現在は使われません。
 球茎にサポニン配糖体を含むため、誤食すると嘔吐し、胃や腸の粘膜に炎症を起こします。
シクラメン