ジギタリス ジギタリス(ゴマノハグサ科)
 ヨーロッパ原産の多年草で、釣鐘状の赤や白い花をたくさん付けるので、庭先でよく見られます。この葉には猛烈な苦味がありますが、コンフリー(ヒレハリソウ、ムラサキ科)と間違えてテンプラや青汁にした人が死亡する事故が起こっています。ジギタリスの葉の縁には細かいぎざぎざ(鋸歯、きょし)がありますが、コンフリーにはありません
 全草特に葉にジギトキシンなどの強心配糖体を含むため、古くから医薬品として使用されてきました。しかし、量を間違えると心臓麻痺を起こす劇薬です。