アサガオ アサガオ(ヒルガオ科)
 薬用として平安時代に渡来し、江戸時代に品種改良されて園芸用になりました。
 乾燥した種子は牽午子(けんごし)と呼ばれ、下剤になります。しかし、その作用は激しく、量を間違えると危険です。幼児や子供が間違って飲まないように注意が必要です。