貝毒

貝毒とは

貝毒とは貝類が持つ自然毒のことで、食中毒の原因となることがあります。 代表的な貝毒に、二枚貝の「麻痺性貝毒」や「下痢性貝毒」があります。

二枚貝が毒化するしくみ

二枚貝はプランクトンをエラで濾し集め、餌としています。 これらプランクトンの中には、麻痺や下痢を引き起こす毒を持つものがあります。 このようなプランクトンが発生すると、二枚貝はその毒を蓄積して有毒な貝になります(これを「毒化する」といいます)。

ホタテガイ、ホッキガイ、カキ、アサリ、コタマガイ、サラガイ、イガイ、ムラサキイガイなど食用とする二枚貝はどれも毒を蓄積することがあります。
北海道では、通常春から夏にかけて有毒プランクトンが発生することがあるため、この時期に二枚貝の毒化が進行します。また、海域や年度により冬でも毒化することがあります。

食中毒の主な症状

麻痺性貝毒 食後30分ほどで口唇、舌、顔面のしびれを生じ、四肢の末端に広がるとともに麻痺に変わっていきます。 重症の場合は運動失調を起こし、呼吸麻痺で死亡することがあります。
下痢性貝毒 食後30分から4時間以内に下痢(水様便)や嘔吐、吐き気、腹痛など消化器系の症状を生じます。 発熱がないことから腸炎ビブリオ中毒と区別されています。 通常3日以内で快復し、今まで死亡事例はありません。

貝毒検査

出荷される二枚貝については貝毒検査が行われており、安全性が確認されています。

「麻痺性貝毒」・「下痢性貝毒」ともに熱や酸に強く、加熱などの調理によって毒性がなくなることはありません。 北海道では釣客や行楽客が自ら採った二枚貝で食中毒にかかった事例があります。