感染症部

感染症部は、道民の健康で快適な生活の維持・向上のために、感染症やその原因となる病原体、感染症を媒介する動物に関する試験検査や調査研究を行う部門です。細菌グループ、ウイルスグループおよび医動物グループの3グループで構成されています。

細菌グループでは、
・道内で発生する細菌感染症、食中毒の原因菌および発生動向に関する試験検査、調査研究
・食品への細菌混入や動物用医薬品残留の有無を調べる検査
・細菌に関する衛生検査技術の指導
を行っています。

ウイルスグループでは、
・ウイルス性感染症および発生動向に関する試験検査、調査研究
・食中毒の原因ウイルスに関する試験検査、調査研究
・ウイルスに関する衛生検査技術の指導
を行っています。

医動物グループでは
・寄生虫、原虫、リケッチア等の感染症に関する試験検査、調査研究
・衛生昆虫に関する試験検査、調査研究
・感染症媒介動物に関する試験検査、調査研究
・実験動物を用いた各種試験・研究の補助および飼育管理
・医動物に関する衛生検査技術の指導
を行っています。

細菌グループ

○試験検査等
・道内で発生する細菌感染症および発生動向に関する調査
・道内で発生する細菌性食中毒に関する調査
・食品衛生法に基づく食品の検査および精度管理
・北海道衛生検査所外部精度管理調査(微生物学的検査)
・結核菌分子疫学調査(VNTR法を用いた遺伝子型別)

○調査研究
・細菌感染症検査技術向上に関する研究
・レジオネラ症対策に関する研究
・環境・食品中の各種病原細菌汚染に関する研究
・細菌感染症・細菌性食中毒事例の分子疫学的解析

○研究課題
・公衆浴場等施設の衛生管理におけるレジオネラ症対策に関する研究(2016-18)
・迅速・網羅的病原体ゲノム解析法の開発及び感染症危機管理体制の構築に資する研究(2016-18)
・食品を介する家畜・家禽疾病のリスク管理に関する研究(2017-19)
・ワンヘルス・アプローチという視点に立った、薬剤耐性菌と下痢症起因菌に関する疫学及び検査法に関する
 研究(2018-20)

腸管出血性大腸菌O157の電子顕微鏡写真
実体顕微鏡下でのレジオネラ属菌コロニー
P2実験室での細菌実験

ウイルスグループ

○試験検査等
・道内で発生するウイルス感染症の発生動向調査
・道内で発生する食中毒の原因ウイルス検査
・感染症流行予測調査(抗体・ウイルス保有状況調査)

○調査研究
・麻疹および風疹ウイルスの分子疫学研究
・インフルエンザウイルスの検査および流行把握に関する研究
・ウイルス性のダニ媒介感染症に関する研究
・環境・食品中のノロウイルス汚染に関する研究
・腸管系ウイルス検査法の検討
・腸管系ウイルス感染事例の分子疫学的解析

○研究課題
・流入下水中に含まれる腸管系感染症ウイルスの動向調査(2015-18)
・麻疹ならびに風疹の排除およびその維持を科学的にサポートするための実験室診断および国内ネットワーク
 構築に資する研究(2016-18)
・ウイルスによる食品媒介性疾患の制御に関する研究(2016-18)
・拭取り素材に重点をおいたノロウイルス回収法の改良(2017-18)
・野生動物における重症熱性血小板減少症候群ウイルスの保有状況に関する研究(2017-19)
・北海道の蚊から検出された新たなブニヤウイルスの分布調査と性状解析(2017-19)
・環境水ポリオウイルスサーベイランスの持続的な手法に関する研究(2018-20)
・北海道におけるダニ媒介脳炎患者の後方視的調査研究(2018-19)
・ノロウイルス拭き取り検査用キット(仮称)の評価試験(2018)

安全実験施設内での作業
電子顕微鏡での観察
ノロウイルスの電子顕微鏡写真

医動物グループ

○試験検査等
・エキノコックスやアニサキス、クリプトスポリジウムなどによる寄生虫症に関する試験検査
・衛生害虫に関する試験検査
・マダニ等節足動物媒介性感染症に関する試験検査
・食品の動物性異物に関する試験検査
・試験研究に用いられる実験動物の維持管理

○調査研究
・エキノコックス症血清診断法の改良に関する研究
・エキノコックスの駆虫薬散布に関する研究
・エキノコックス症媒介動物のワクチン開発のための包括的研究
・狂犬病など動物由来感染症の媒介動物対策に関する研究
・蚊やトコジラミなどの吸血性昆虫の発生状況と対策に関する研究
・マダニ類とそれらが媒介する感染症の感染動態に関する研究

○研究課題
・節足動物 特にマダニが媒介する感染症を一括して検査するための研究(2017-19)
・エキノコックス感染終宿主診断法の比較評価、特に糞便内エキノコックスDNA検出法に関する検討
 (2018-19)
・エキノコックス中間ならびに終宿主に対する二方面からの感染圧抑制による疾病制御(2017-19)
・グルコース摂取機構から探るエキノコックスの寄生適応戦略(2018-19)
・コットンラット:複合疾患を具有する実験用齧歯目の新規ヒト疾患モデルへの応用(2018-20)
・多包条虫終宿主におけるサブユニットワクチンLYB-EMY162の免疫原性及び薬理動態に関する研究
 (2017-20)
・住肉胞子虫による国産ジビエの食中毒リスク評価に関する研究(2018-21)
・野生鳥獣由来食肉の安全性の確保とリスク管理のための研究(2018-21)
・愛玩動物由来感染症のリスク評価及び対策に資する、発生状況・病原体及び宿主動物に関する研究
 (2018-21)
・多包虫症の予防・治療法の開発に関する研究(2018-20)

エキノコックス成虫(電子顕微鏡写真)
イタドリを食するドクガ終齢幼虫
動物が通るのを待つ
シュルツェマダニのメス