食品科学部

食品科学部は、食品、飲料器具・包装容器、生体材料などを対象とする理化学的・病理学的手法による試験検査を担当する部門で、食品安全グループ及び食品保健グループから構成されます。

食品安全グループ(主査(残留農薬)、主査(遺伝子・アレルギー))では、食品の安全性を確保するため、
・食品中に残留する農薬
・食品添加物やカビ
・遺伝子組換え食品の検査など遺伝子工学技術を用いた試験検査及び調査研究
・アレルギー食品モニタリング検査
などに関する理化学的試験、調査研究を行っています。
平成18年度からは、食品衛生法の改定に伴い、いわゆるポジティブリスト制が施行されたため、北海道の保健所や食肉衛生検査等を含めた検査体制を整備するための研修を担当してます。

また、食品保健グループ(主査(動物用医薬品)、主査(貝毒))では、
・道内で産出され又は道内に流通する二枚貝の貝毒検査及び調査研究
・動物用医薬品
・有機スズ化合物
・PCBなどの有害化学物質
を行っています。

食品安全グループ

○試験検査等
・農産食品、加工食品などの残留農薬検査
・食品添加物
・食器、容器包装の規格試験
・遺伝子組換え食品の検査 (大豆、トウモロコシ)
・食品中のアレルギー物質の検査 (小麦・そば・落花生・乳・卵・えび・かに)

○調査研究
・食品中の残留農薬一斉分析法に関する研究
・食品中に残留する農薬等の摂取量調査
・リアルタイムPCRによる食品中の遺伝子の検出・定量に関する研究
・食品中のアレルギー物質の検知精度向上に関する研究

○研究課題
・GC/MS/MSを用いた加工食品等の残留農薬分析法に関する調査研究(H26~28)
・加工食品中におけるアレルゲンタンパク質の高精度検出法の構築(H27~28)
・残留農薬一日摂取量実態調査(H28)
・食品に残留する農薬等の成分である物質の試験法開発・検証業務(H28)
・化学物質による複雑な肝毒性を予測及び評価するためのインビトロ・インシリコ統合型システムの開発(H27~28)
・我が国で優先すべき生物学的ハザードの特定と管理措置に関する研究(H27~29)
・食品を介したダイオキシン類等有害化学物質摂取量の評価とその手法開発に関する研究(H28~29)

試料からの農薬抽出
抽出液の減圧濃縮
遺伝子組み換えダイズ検査

食品保健グループ

○試験検査等
・動物用医薬品の残留試験 (抗生物質、合成抗菌剤、内寄生虫用剤)
・環境汚染物質の残留試験 (有機塩素系農薬、総水銀など)
・二枚貝の貝毒検査 (麻痺性貝毒、下痢性貝毒、記憶喪失性貝毒)

○調査研究
・残留動物用医薬品の一斉分析法に関する研究
・残留環境汚染物質の分析法に関する研究
・環境汚染物質の食品中の残留実態調査
・貝毒成分の生理作用および機器を用いた分析法に関する研究

○研究課題
・貝毒に関する調査研究 
  ―動物実験代替法を用いた北海道産二枚貝の麻痺性貝毒監視体制構築の検討―(H27~28)
・LC/MS/MSによる畜水産食品中の抗生物質等試験法の検討(H28~29)
・貝毒リスク管理措置の見直しに向けた研究(H26~28)

LC-MS/MS
(高速液体クロマトグラフ-タンデム質量分析装置)
貝毒のマウス毒性試験