北海道立衛生研究所健康科学部健康増進科長 桂英二

 年末年始は忘年会や新年会など外食の機会が増えるとともに、家庭内での飽食・運動不足が重なって、いつのまにか体重が増えているということがよくあります。その後の生活改善がままならず体重が増え続けると、いつしか肥満といわれる状態になります。
 肥満は健康に悪いという認識が定着し、生活習慣病の疑われる肥満者はほとんどの場合、体重のコントロールを指導されます。そこで、肥満はなぜ悪いのか、肥満を防ぐにはどうしたら良いのかなど、肥満について考えてみます。

肥満の基準は
 肥満とは、脂肪組織が過剰に蓄積した状態であると定義されています。
 人間の身体構成成分のうち、体脂肪は通常男性で15〜20%、女性で20〜25%とされており、体脂肪率が男性で25%、女性で30%を超えると肥満と判定されます。体脂肪は多すぎると種々の障害を引き起こす原因となりますが、エネルギーの貯蔵、保温・断熱、内臓等の保護など重要な役割を担っており、生きていく上で必要なものであるといえます。
 肥満の指標としてその判定に汎用されているのが、BMI(Body Mass Index)です。BMIは次の式で求められ、日本では25.0以上を肥満と判定しています。
    BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
BMIは身長と体重から計算したものなので、例えばスポーツ選手のように筋肉モリモリの人も見かけ上高い値となります。しかし、このような場合は肥満とは判定されません。
 肥満を正確に判定するには体脂肪量を測定しなければなりませんが、厳密に測定する方法は大がかりな設備が必要で、あまり一般的ではありません。一方、市販されている体重体組成計などは簡便に体脂肪率を測定できるということで、かなり普及しています。これは電気抵抗の違いを利用して脂肪量を推定するものですが、肥満を判定する一つの目安としては十分に活用できるものだと思います。

洋なし型とりんご型
  肥満は体脂肪の蓄積状態の違いによって皮下脂肪型と内臓脂肪型に分類されます。
 皮下脂肪型は下腹部、お尻、太股など主に下半身の皮膚の下に脂肪が蓄積するタイプの肥満で女性に多く、内臓脂肪型は腹腔内臓器の周囲に脂肪が蓄積するタイプの肥満で男性に多く見られます。その体型から前者は洋なし型肥満、後者はりんご型肥満とも呼ばれています。内臓脂肪型肥満の基準は、腹部CT検査により内臓脂肪面積が100cm2以上とされており、体型からの判定ではウエスト径(臍周囲径)が男性で85cm以上、女性で90cm以上が一つの目安とされています。
 肥満は糖尿病、高脂血症、高血圧などさまざまな合併症を引き起こしやすく、生活習慣病になる前段階であるといえます。
 例えば、肥満者は標準体重者に比べて、約5倍の高率で糖尿病を合併するといわれており、心臓血管障害を合併する危険性も高いと考えられています。なかでも、内臓脂肪型肥満は皮下脂肪型肥満に比べて、これらの合併症を発症する危険性が高いといわれています。しかし、内臓脂肪は皮下脂肪に比べて分解しやすく、適正な食生活や運動により管理することが容易であるといわれています。
 また、かくれ肥満とはBMIが正常範囲にあり、見かけ上肥満とは判定されないが、体脂肪特に内臓脂肪が多く、内臓脂肪型肥満と同様に合併症を発症する危険性が高い状態です。内臓脂肪が増えているのに体重が変わらないというのは、筋肉量が減っていたり、内臓機能が低下している可能性も考えられることから、注意が必要です。

なぜ肥満になるのか
 肥満は、過食や摂食パターンの異常などの摂食要因、運動不足、遺伝的素因などが複合して引き起こされると考えられています。簡単にいえば、摂取エネルギーが消費エネルギーより多いと、その差が貯蔵エネルギー、すなわち体脂肪の蓄積となるわけです。
 過食によるエネルギーの過剰摂取は大きな問題ですが、肥満者がすべて過食であるということはありません。むしろ、食べ方が問題となる場合が多く、朝食を抜いて夜に多量に食べてすぐ寝るというパターンが肥満につながりやすいといえます。
 一方、消費エネルギーについていえば、まず運動不足が問題とされますが、運動で消費されるエネルギーは意外に少ないのです。例えば、普通のあんぱんを1個食べると、摂取エネルギーは200kcal以上になり、これを消費するためには、縄跳びなら30分以上、ジョギングなら40分以上、通勤などの普通歩行なら2時間以上しなければなりません。

基礎代謝量、安静時代謝量
 1日に消費されるエネルギーのかなりの部分を占めているのが、基礎代謝量です。基礎代謝量は眠っている状態で、内臓の活動や体温の維持など生命の維持に最低限必要なエネルギーであり、年齢とともに減少していきます。これは筋肉量の減少が原因であると考えられており、逆に言えば運動などにより身体を鍛えることによって、基礎代謝量を増加させることができることになります。
 ところで、基礎代謝量の測定はむずかしいために、病院等における健康管理や栄養指導などには、基礎代謝量の代わりに、より簡便に測定できる安静時代謝量が使用されている例が多いようです。安静時代謝量は、何もしないで静かに横になったり座ったりしている状態で消費されるエネルギーで、基礎代謝量の1.2倍程度の数値になるといわれています。
 適切な運動を継続し、エネルギーを消費すると同時に基礎代謝量(安静時代謝量)を増加させることによって、肥満を予防することが可能であると思います。

すこやか北海道21
 衛生研究所では平成15年度から、北海道の健康づくり事業の一環として、北海道地域保健課、保健所、市町村と共同で、すこやか北海道21推進事業−肥満対策事業−を行っています。
 これは、北海道は全国に比べて肥満者の割合が高く、特に冬期に体重が増加するという人が多いことから、その実態を調査し、原因を明らかにすることによって、肥満予防対策を考えようというものです。
 今回の事業では、4市7町1村の295人を対象に、冬期と夏期に、身体測定、安静時代謝量測定、運動量測定、血液検査、食習慣調査などを実施しました。この中で、冬に体重が増えると回答した人の理由を聞き取り調査した結果、女性では、冬になると運動をしなくなって間食が増えると回答した人が多いことがわかりました。男性でもBMI 25.0以上の人では、運動量の減少を理由としてあげていますが、女性と異なり間食が増えると回答した人はほとんどいませんでした。また、調査期間中の半年間に、18kg減量(85.6kg→67.6kg)した女性がいて驚きましたが聞き取り調査の結果、減量のために食事に気をつけ、運動を継続しているとのことでした。
 今回の事業では住民の方と健康づくりに関する対話を重ねながらの取り組みでしたが、肥満予防や健康増進に対する意識を高めることができたと思います。

 現在の日本は飢餓とは無縁の飽食の時代であり、肥満が一つの社会問題となっています。一方、若い女性のやせすぎ(BMI 18.5未満)も大きな問題であり、適切な運動と栄養管理によって健康的な生活を送りたいものです。

桂英二(かつらえいじ)
昭和57年より、生薬の薬理成分、家庭用品中の有害化学物質、環境中の農薬、室内空気中の化学物質等に関する調査研究に従事。平成14年より、食品中の栄養成分や重金属の分析など、食品安全対策、健康増進に関する調査研究に従事。
 
 

この記事は「しゃりばり」No.275(2005年1月)に掲載されたものです。